DTM・打ち込みで必要な機材をスクール経営者が解説!

本日はゼロから作曲編曲、ミックス等のDTMに挑戦しようと考える方に向けた記事です。

目標や今後の方針にもよりますが、これまで沢山の方にレッスンを提供してきた知見を元に解説していきます。

必要機材

改めまして必要な機材は下記です。

  • Windows PC or Mac
  • DAWソフト
  • オーディオインターフェース
  • MIDIキーボード
  • ヘッドホン
  • モニタースピーカー
  • マイク
  • 備品/ケーブル

Windows PC or Mac

iPadじゃ駄目?とよく聞かれますが、大衆の方が考える「DTM」は基本的にWindoes PCやMacが必要であると私は考えています。

タブレットでも楽しめる一面がありますが、自身がどのような音楽制作に挑戦したいかで異なります。

CPU(脳)とメモリ(筋肉)の性能の高さとバランスの良さが、ストレスフリーな音楽制作ライフの足がかりになります。「本気でDTMを始めたい」という方は最初からスペックの高いマシンを購入しましょう。

Windows PC

自身で組み上げる事もできるので、低コストでハイパフォーマンスのマシンを導入する事が可能です。

コマンド全般が画面上に表示されていないのがクリエイティブじゃないと感じますが、Web上での情報量も多いので、そういった点もオススメできます。

Mac

やっぱりクリエイティブはMacだよね!なんて言われる時代もありましたが、最近は学生のシェア率も高い Apple社の「Mac」

Windowsの同一スペックに対して約2倍の価格ですが、スタイリッシュなデザインから絶大な人気を獲得しています。スタイリッシュになった分、Mac本体への保存可能な容量が少なくなりました。

外付けHDDやSSDが必要になる可能性も高いので、やはりコストは上がると感じます。

内蔵マイクの性能も良いので、Mac Book1台あればリモート会議等でも力を発揮してくれるでしょう。

DAWソフト

まずDAWとは、マシンにインストールする曲作りをする為のソフトウェアです。

最近はどのDAWソフトを買えば良いですか?という相談を頂きます。オススメの理由を聞いてもピンっと来ない事が多いでしょう。

本人がどこまで制作活動に取り掛かりたいかにもよりますが、最上位版を購入すれば結果的にどれを買っても大きい差がありません。

編曲、いわゆる打ち込みに挑戦したい方は多いと思います。傾向としては、ドラムやピアノ等のリアルなサウンドの音源を買い足してしまうので、操作感や自身がクリエイティブになれると感じるDAWをピックアップするのが良いでしょう。

どのDAWをチョイスするのがオススメ?

区分けが難しい所ではありますが、目的毎にオススメのDAWを分けてみました!

学生はアカデミック版が適用されますので忘れずに!

気軽にDAWを導入したい!歌ってみた&ミックス師に挑戦したい!作曲や編曲、曲作りに挑戦したい!プロのサウンドエンジニアになりたい!
LogicPro
CUBASE LE/AI/Elements
CUBASE ARTIST
CUBASE PRO
StudioOne Prime
StudioOne Artist
StudioOne Professional
AbletonLive Intro
AbletonLive Standard
AbletonLive Suite
ProTools
【○】オススメ、【△】環境による/要検討、【-】オススメではない

Steinberg CUBASE

Next Lead Music Schoolの講師がSteinbergの「ENJOY! CUBASE」に出演中!

CUBASEはYAMAHA社のDAWソフトです。YAMAHAが潰れない限りソフトウェアの開発は進むでしょう。途中でアップデートが出来なくなるというリスクはかなり低いです。

国内シェア率も高いDAWソフトで、多くのユーザーを抱えています。

個人的にサウンドも1番良いと感じますが、最上位版の「CUBASE PRO」は他社のDAWに比べて少し高額です。使用の際はUSB eLicenserも必要になります。

CUBASE Elements

STEINBERG/Cubase Elements 12

CUBASEの入門用といった所です。

機能に制限はありますが比較的導入しやすいDAWだと思います。

CUBASE ARTIST

STEINBERG/Cubase Artist 12

ボーカルの音程を調整できる「Vari Audio」がArtist版から使用できます。

エフェクト関係が最上位版のPROに比べて少ないものの、入門者にもオススメできます。

DTMは機材導入費がかさむ傾向にあるので、ソフトウェアだけに多く課金する必要はありません。

「最上位版には出が出せない」という方にはARTIST版も候補に入るでしょう。

CUBASE PRO

STEINBERG/Cubase Pro 12

国内で高いシェア率を誇る人気DAWソフト「CUBASE PRO」

Windowsで使えるDAWソフトとして歴史があり、多くのDTMユーザーの地盤として活躍してきました。

最上位版の「PRO」は他のDAWに比べて高額ですが、長期的に見ても安心して使えるDAWになるでしょう。

PreSonus StudioOne

ベンチャー色の強いDAWですが、人気ギターメーカーのFender社が買収した事でも話題のDAWソフトです。操作感はCUBASEに似ており、非常に動作の軽いDAWとなっています。

私自身も曲作りで使用していましたが、最近はマスタリングのみで使用しています。

StudiOneは3種類のラインナップがリリースされているので、1つずつチェックしてみましょう!

StudioOne Prime

無料版のStudioOneです。操作感含めて無料版を導入してからアップグレードしましょう!

やれる事はかなり少ないですが、無料版でも遊べるなと感じます。

無料版の導入はこちらから!

StudioOne Artist

PRESONUS/Studio One 5 Artist

「歌ってみた」のMIXに挑戦してみたいという方はArtist版でも良いでしょう。

最近だとミックス師を目指してからDTMにトライされる方が増えました。最上位版のProfessionalは少し敷居の高さを感じると思うので、そういった方はArtist版がオススメです。

機能制限はそれなりにありますが、物足りなさを感じた時は自身のスキルが上がっている証拠だと考えられます。その際にアップグレードを検討しましょう。

StudioOne Professional

PRESONUS/Studio One 5 Professional

StudioOneの最上位版です。全ての機能が使用できます。

プロの作編曲家から、マスタリングエンジニアまで使用している現代的なDAWの1つと言えるでしょう。

ブラックフライデーで安くなる事が多いDAWです。

LogicPro

Apple社がリリースしている「LogicPro」はMacユーザーにはオススメのDAWで、App Storeからダウンロード可能です。

動作も比較的軽く、様々な楽器のライブラリが用意されているので、LogicProがあればDTMが楽しくなります。無料版のGarageBandと有料版のLogicProという区分けで、価格も比較的安価です。

学割やセット販売を扱っている時期もあるので購入前に要チェックです!

Ableton Live


直感的なDAWで予期せぬクリエイティブへ導いてくれるDAWだと感じます。

ラインナップは全部で3種類ありDJにも人気のDAWです。

Ableton Live Intro

ABLETON /Live 11 Intro

Liveの基本的な操作のほか、タイムストレッチ機能であるWARP機能の一部が搭載されているエントリーモデル。

オーディオ録音とMIDIトラックが16個までなど制限はあるものの、極力費用をかけずにLiveをはじめてみたいという方にオススメです。

Ableton Live Standard

ABLETON /Live 11 Standard

Live 11 Standardはオーディオ/MIDI含めて扱えるトラック数は無制限です。

Liveの特徴であるWARPやオーディオのオートスライス、オーディオをMIDIに変換するなどの全機能に対応します。Ableton Packを導入することで音源やエフェクトの追加も可能です。

グランドピアノや、ギター、ベース、シンセなどのサンプル素材や、EQ、コンプ、空間系エフェクトから、ダンスミュージック制作に活用できるBeat Repeatなどの主要エフェクトも収録しています。

Ableton Live Suite

ABLETON /Live 11 Suite

Live 11 Standardの持つ機能に加えて、約20万円相当にも及ぶオプションをバンドルした最上位モデル。

主な特徴の一つとして、Liveの音源、エフェクトなどのデバイスから、UIまでも自作できるMax for Liveをバンドルしています。

その他オーケストラ管弦打楽器や、FMシンセのOperator、AASによる様々な楽器のモデリングシンセサイザー音源や、Amp & Cabinetのシミュレートエフェクトも充実。本格的に音楽制作する方にオススメです。

オーディオインターフェース

DTMに関して調べていると「オーディオインターフェース」というワードが出てきます。

基本的には必須のアイテムで、パソコンと現実世界の音の中継器といった所でしょうか?

マイクやギター録音をする際の音質や、聞こえてくる音が変わるので「音の指標」が構築できます。

編曲や音を編集する際には、より良い制作環境を構築して作品作りに活かせます。

逆説的には判断しずらい音で作業を進めてしまうと、作品にも悪影響をもたらす可能性が出てくるでしょう。

MIDIキーボード

作曲や編曲の「打ち込み」と呼ばれるDTMの作業をするには「MIDIキーボード」が必要です。

キーボード単体では役目を果たしませんが、最近は電子ピアノもMIDIキーボードの役割を担っている物が増えました。

基本的にはDAWで起動したバーチャルのシンセサイザーをMIDI鍵盤で鳴らします。

価格やサイズもまちまちですが、ピアノを実際に弾かれる方は演奏内容に限らずモチベーションにも関わるでしょう。

ヘッドホン

スピーカーから音を出せないという方もいると思うので、ヘッドホンは重要アイテムの1つになると思います。

既に何かお持ちの場合は問題ないですが、これから購入する方は下記の2を基準に導入してみましょう!

密閉型

密閉型のヘッドホンは多くのボーカルレコーディングで活躍しており、音が耳から漏れにくい事でも重宝されます。

レコーディングスタジオ等でも定番の密閉型ヘッドホン「SONY MDR-900ST」は歌唱時のノイズトラブルに気づきやすいのが特徴です。

現場的な考えの元、DTM定番のモニターヘッドホンになった経緯があります。

開放型/セミオープン型

開放型やセミオープン型のヘッドホンは、本体の側面に穴や隙間から音が漏れるのが特徴です。密閉型に比べて夏場でも耳が蒸れにくいので助かります。

全体的に張り付いたサウンドというより、ゆとりのある音である事が多いです。

リバーブやエコー等といった残響音が確認しやすい物が多いと感じる形式です。

モニタースピーカー

どんな音で作業するかはクリエイティブの視点から考えると、非常に大切なポイントだと感じます。

曲を作っていてテンションが上がるか?それとも客観視できるサウンドなのか?

導入するポイントは様々だと思いますが、夏場にずっとヘッドホンを付けているのも大変なので、音を鳴らせるなら導入してみましょう!

マイク

歌やマイクを使ってギターや打楽器のレコーディングをしない!という方には不要です。

オンラインレッスンの受講を検討されている方は導入するのをオススメしています。

基本的に使用するマイクの種類は大きく分けて2つです。

ダイナミックマイク

SHURE/SM58

SHURE/SM58

ライブでもよく目にするマイクは「ダイナミックマイク」である事が多いです。

部屋の環境音等が入りにくく、狙ったサウンドだけを録音するのにも適しています。

コンデンサーマイク

些細な音や細かい音まで集音できるのはコンデンサーマイクです。

語弊がありますが、DTM初心者にとって良い音で録音できると考えて良いでしょう。

audio technica/AT2035

audio technica/AT2035

備品/ケーブル

ケーブルの存在を忘れる方がいますが、マイクとオーディオインターフェースを繋ぐにはケーブルが必要です。基本的にはキャノンケーブルと言われる「XLRケーブル」を使用します。

XLR端子の場合

コンデンサーマイクを使用する際はXLRケーブルでないと使用できません。

CANARE/EC03-B(XX) BLACK マイクケーブル 3m

CANARE/EC03-B(XX) BLACK マイクケーブル 3m

XLR端子ではない場合

モニタースピーカー、またはオーディオインターフェースがXLRケーブルでない場合はケーブルのチョイスも異なります。

片方、または両方の端子が異なる「フォン端子」の場合は下記のような形状をチョイスするのが一般的です。

CANARE/SPC02-B2 BLACK

CANARE/SPC02-B2 BLACK

CANARE/SPC03 BLACK

CANARE/SPC03 BLACK

付属されているケースもありますが、オーディオインターフェースとパソコンを繋ぐUSBケーブルも必要になります!ご注意ください!

マイクスタンド

マイク録音しない方には不要ですが、マイク録音に挑戦する方は必須といって良いでしょう。

特にコンデンサーマイクの場合は、手で持つと握った際の振動も録音されてしまう事があります。

CLASSIC PRO/MSB/BLACK ブームマイクスタンド

CLASSIC PRO/MSB/BLACK ブームマイクスタンド

卓上スタンド

座って歌いたいという方やスペースの確保ができない方は卓上スタンドもオススメです!

CLASSIC PRO/DTMS 卓上マイクスタンド

CLASSIC PRO/DTMS 卓上マイクスタンド

ポップガード

ポップガードはマイクで録音する際に必要なアイテムです。

録音時の空気やボーカルのノイズのほか、マイクとの適切な距離感を取るのにも有効です。コンデンサーマイクによっては付属で付いている場合があります。

ダイナミックマイクの場合は基本的に不要です。

K&M ( ケーアンドエム ) / 23956 ポップガード

K&M ( ケーアンドエム ) / 23956 ポップガード

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DTMは初期投資が必要ですが、音楽制作の敷居が低くなった事もあり挑戦してみる人が増えました。

今後の副業や日々の生活を彩るツールとしても音楽は良いかもしれませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。