DTMで使うヘッドホン「SONY MDR-CD900ST」とは?

レコーディング

打ち込みやミックスを始める際、どのヘッドフォンがオススメですか?とよく問い合わせを頂くので、本日は候補にあがる事の多い、SONYのMDR-CD900STについて書いていきたいと思います。

この記事を見ていただいてる方は、楽曲作りに向けて、どのヘッドホン買えばいいのか迷われているか、MDR-CD900STがどんな物なのか気になっている方かと思いますので、作曲や編曲だけではなく、レコーディングやミックス等の仕事を並行して行っている立場の視点から書いていきます。

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

歴史あるヘッドフォン

MDR-CD900STは、ソニーとソニーミュージックスタジオが共同開発した完全プロユースのモニターヘッドホン。現在は一般的にも使用されていますが、当時はスタジオで使用する為に制作されたそうです。

密閉型のヘッドホンなので、レコーディングの際に、演奏者の耳元から音がなるだけ漏れないようになっている点と、重量が比較的軽い点も、業務用に考えれた”現場”のツールなのだと感じます。

思ったよりいい音ではない

いきなり直球を投げてしまいました。テープやアナログ等の時代背景のあるMDR-CD900STですが、現代的なサウンドのレンジ感や解像度とは程遠い品物だと思います。

ただその現代的なサウンドを作り上げてるクリエイターやエンジニアは、このMDR-CD900STを使って最終チェックしてる事は多いかと思います。

リスニング用ではなく、やはり音楽制作用と考えるのが妥当です。

個人的な考えですが、曲作りやミックスで使用した際、このMDR-CD900STで聞いても、格好良いサウンドになるように作り上げる!というのを意識しています。それが結果的に良い創作物の完成に繋がると考えています。

なんだかヘッドホンに、転がされている感じもしますが、やはりプロユースのモニターヘッドホンとカテゴライズするのが、妥当なのではないでしょうか?

メリットとデメリットは紙一重!?

かなり個人的な意見になりますが、作曲や編曲をしてる段階で使用しても、気持ちがハイになる代物ではないです。どちらかというと、冷静なサウンド。スピーカーや他のヘッドホンで聴かないと、確認しきれない帯域が多くあるように感じます。

レコーディングエンジニアが使っている事が多いですが、これは録音時にミュージシャンやシンガーが、MDR-CD900STを使う事が多いので、同じリスニング環境にしたい点と、リップノイズや録音時のサウンドトラブルに気づきやすいからだと、個人的には理解しております。

少しハイが出てる等のレビューがあるかと思いますが、そのような特徴が音楽制作現場で重宝されたと考えていいかと思います。

情報量の多いサウンドだと、トラブル等に気付きにくいのかなと思います。メリットですが、物足りないと感じる、デメリットの一面を抱えるヘッドホンなのかもしれません。

不満があるのに、必要不可欠

このヘッドホンの最大の嫌な所は、非常に疲れる所です。密閉型なので、形状やイヤーパット(耳にあたるクッション)が原因かと思いますが、サウンドも少なからず影響はあるかもしれません。

こんなに不満を書いたのに、最終チェックはMDR-CD900STです。

矛盾してそうですが、慣れないスタジオ環境に行った際、音の指標が分からなくなってしまう事があるので、聴きなれたベーシックなサウンドを理解しておく事は、音楽制作の仕事をする上で、プロクオリティを常に保つ為のツールに繋がります。

プロユースなのに安価

大量生産をしてるのか?理由は分かりませんが、プロユースなのに、値段は決して高くない所がとても良いです。スタジオでは本数を買うので、考慮されているのかもしれません。

”業界標準”と呼ばれているだけあるので、1度自身の曲をMDR-CD900STで聴いてみると、新しい聞こえ方を発見できるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?音というのは答えがなく、最終的には好みの世界になりますが、1本所有しておいても、将来役立つ可能性のあるヘッドホンだと思います。

このサウンドを基準にして、別の密閉型や開放型のヘッドホンを追加で購入し、曲中で使い分けをしていくと、サウンドの理解度が深まり、楽曲制作に役立つ事でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました