オススメのベース音源5選!あなたにピッタリなのはこれ!

楽曲のクオリティアップにはローレンジのサウンドから揃えよう!

本日はベース音源の解説です。

沢山種類があって悩ましいと思いますが、自身の環境に合うソフトウェアをチョイスできると良いですね。

今回厳選した音源は主に5種類です。

  • SPECTRASONICS / Trilian
  • TOONTRACK / EZ BASS
  • IK Multimedia / MODO BASS
  • Ample Sound / Ample Bass Electric Bundle
  • Native Instruments / SCARBEE BASS

1つずつ深掘りしてみましょう!

SPECTRASONICS / Trilian

SPECTRASONICSには3種の神器なんて呼ばれていた「Omnisphere」「RMX Stylus」「Trilian」を販売しています。現在は「Key Scape」も加わりましたが、今回紹介する「Trilian」は現在も人気のベース音源です。

プロユースのベース音源は限られてくると思いますが、基本的にTrilianで全て解決するでしょう。

シンセベースやアップライトベースも入っているので、即戦力なプロユース音源と考えて問題ありません。数多くのベースが収録されている割にはリーズナブルな価格となっています。

PECTRASONICS / Trilianの主な特徴

メーカーSPECTRASONICS
容量34GB以上の空き容量が必要
内容エレキベース、ウッドベース、アコースティックベース、シンセベース
動作感ライブラリによってはやや重め
メリット音も良く、沢山のベースサウンドが使用可能
デメリット多くの空き容量が必要で、音色によってはマシンパワーが必要

Trilianの購入はこちら


TOONTRACK / EZ BASS

今回紹介するベース音源の中でも独自の路線を走る「EZ BASS」

ドラムやピアノなどのMIDIやオーディオデータから、自動的に一致するベースラインを作成する事も可能です。

我々のレッスンでは0を1にする事を大切にしているので、積極的に自動生成機能は使用しませんが、これも体感的に理解するという点では優れものだなと感じます。

TOONTRACK / EZ BASSの主な特徴

メーカーTOONTRACK
容量10GB以上の空き容量が必要
内容エレキベース
動作感普通
メリット楽器経験が少なくてもベースラインの作成が可能
デメリット良くも悪くも楽をしてしまう

EZ BASSの購入はこちら


IK Multimedia / MODO BASS 2

「ベタ打ちしても生っぽく聞こえる!」と話題になった「MODO BASS」

ネック、弦、ボディなど各構成要素のふるまいを再現して発音する、フィジカル・モデリング音源です。

少しマニアックに感じるかもしれませんが、音の違いを理解する事はトラックメイキングにおいて重要な要素だと考えられます。楽器経験の少ない方にとって教材としても位置付けられるベース音源でしょう。

必要容量も少ないので、PCやMacの空き容量が無い方にもオススメです。ベーシストをポケットに入れられるような感覚で流行りの音源と言っても良いでしょう。

MODO BASS 2の主な特徴

メーカーIK Multimedia
容量200MB以上の空き容量が必要
内容エレキベース、ウッドベース
動作感軽い
メリット動作が軽く、サウンドの微調整が可能
デメリットDTM初心者にしては少し高額

MODO BASSの購入はこちら


Ample Sound / Ample Bass Electric Bundle

アコースティックギターの音源でもお馴染みの「Ample Sound」のベース音源の紹介です。

正統派で素直な「使える」サウンドが魅力です。密かに隠れて使用しているクリエイターは多い印象があります。

今回はバンドルなので、エレキベースがまとまって収録されていますが、好きなベースを単品で購入する事も可能です。ただDTM初心者の方は何を買って良いのか分からないと思うので、基本的にはバンドルで良いでしょう。

Ample Bass Electric Bundleの主な特徴

メーカーAmple Sound
容量10GB以上の空き容量が必要
内容エレキベース、ウッドベース、アップライトベース
動作感普通
メリット扱いやすいサウンド
デメリットバンドルだと高額

Ample Bassの購入はこちら

Ample Bass in 1 Bundle

通常のバンドルに加えて、ウッドベースやアコースティックベース音源が欲しいという方はこちらの商品がオススメです!

少し高額になりますが、Ample Soundは多くのクリエイターにも愛用されている製品で、音楽制作の現場的な視点から見ても検討の価値がありそうです。


Ample Bass in 1 Bundleの購入はこちら


Native Instruments / SCARBEE BASS

あまり注目を浴びませんが、Native Instrumentsの「SCARBEE BASS」もオススメです!

Kontakt Player、またはKontaktが必要になります。こちらも比較的素直なサウンドで扱いやすいでしょう。

SCARBEE BASSを単品購入するより、Native Instrumentsのバンドル製品「Komplete」を購入して使用するケースが多いです。

Native Instruments / SCARBEE BASSの主な特徴

メーカーNative Instruments
容量2.9GB以上の空き容量が必要 (Kontakt PlayerまたはKontakt必須)
内容エレキベース
動作感軽い
メリット動作が軽い
デメリット単品で購入するには高額(Kompleteを購入した方がお得?)

SCARBEE BASSの購入はこちら

Native Instruments Kompleteはどんな人にオススメ?


目的別リスト

区分けが難しいですが、個人的に考えられる環境やシチュエーションに分けてみました。

価格も様々ですので、自身に合う音源に会えると良いですね。

/とにかくベース音源が欲しい!自動でベースを打ち込みたい独自のリアルサウンドを表現したい
SPECTRASONICS / Trilian×
TOONTRACK / 
EZ BASS
IK Multimedia / MODO BASS×
Ample Sound / Ample Bass Electric Bundle××
Native Instruments / SCARBEE BASS××

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。