おすすめモニタースピーカースタンドをDTM講師が紹介!

DTM

おすすめモニタースピーカースタンドをDTM講師が紹介!

自宅スタジオのクオリティーアップを考える方は、1度は検討した事のあるであろう「モニタースピーカースタンド」

今回は初心者の目線になって、DTM講師おすすめのモニタースピーカースタンドをご紹介します!

スタンドは大きく分けて2パターン存在するので、自身のライフスタイルに合うものをチョイスしましょう。

選び方のポイント

モニタースピーカースタンドを選ぶ際のポイントをピックアップします。

  1. 部屋にスピーカースタンドを置くスペースがあるか?
  2. スピーカーやスタンドの天板のサイズを確認
  3. 高さ調整等の自由度はあるか?
  4. 耐久性や重量感

中でも、部屋の大きさやスピーカーを置く位置は、特に注意して確認する必要があります。

上記のポイントを意識しながら紹介していきます。

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MST20 PAIR

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MST20 PAIR

言わずと知れたCLASSIC PROのモニタースピーカースタンド。

製品のアップグレードが沢山行われる現代で、昔から変わらないルックスを誇っている商品です。

少しチープに感じるかもしれませんが、自宅で使用するモニタースピーカーのサイズであれば、十分機能を発揮してくれるでしょう。

天板の高さは5段階に調節が可能で、椅子に座った際、耳の高さに合うよう設計されています。

さらに脚部にスパイクを装着する事が可能で、高さを微調整できるのも嬉しいポイント。

部屋の床の傾きにも柔軟に対応してくれます。

ライフスタイルや自宅環境に合わせて使えるので、初心者にはとてもおすすめ!

価格相応というレビューも見受けられますが、コストパフォーマンスの高い製品であることは間違いないでしょう。

ULTIMATE ( アルティメイト ) / MS-90/36B

ULTIMATE ( アルティメイト ) / MS-90/36B

アルティメイトのモニタースピーカースタンドは、筆者自身も長年愛用しています。

近年はガッチリしてるラインナップが多く、先述のCLASSIC PROに比べると、値段が上がる理由も頷けます。

少々重量のあるモニタースピーカーにも対応できるので、自宅スタジオのスピーカー環境をグレードアップしたい人にはおすすめ!

ただし、脚部の3本脚は意外と長いので、注意が必要でしょう。

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MST

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MST

SNSで話題の「CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MST」は、作業デスク上でスタンド環境を構築する事ができる小型のスピーカースタンドです。

大型のモニタースピーカースタンドを設置するスペースがない方は、このような小ぶりな卓上タイプのスタンドがおすすめでしょう。

耐久性は問題ないですが、構造と用途的にデスクの隅に置く事が多い関係上、落下の注意が必要です。

狭いスペースで作業する事の多い、日本人向けのラインナップだなと感じます。

SO Acoustics ( アイソアコースティック ) / ISO-130

SO Acoustics ( アイソアコースティック ) / ISO-130

プロクリエイターやサウンドエンジニアの自宅スタジオでも愛用されている、SO Acousticsの卓上スタンドです。

型番によっては大きさや耐重量が異なりますが、見た目以上にしっかりしている製品です。

このモニタースピーカースタンドをオススメする理由は、高さと角度を調整できること。

少し斜めにもできるので、スピーカーの向きを意図的に変える事も可能です。

「シビアなセッティングが重要な、モニタースピーカーのためのスタンド」と言えるのが最大の特徴であり、DTMユーザーにも寄り添った製品と感じます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

モニタースピーカーは位置や部屋の環境によって、音が違って聞こえてくるので注意が必要です。

一般的な日本の居住スペースであれば、パソコンのディスプレイより少し後ろか、並行して設置する事が多いです。

まずは自身(リスニングポイント)とモニタースピーカーが、三角形または二等辺三角形になるように意識してセッティングしましょう。

そして可能な限り自身からスピーカーを離す場合、どのスタンドが適切か考えたうえで、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

それでは良い音楽生活をお過ごしください。

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

DTM
スポンサーリンク
森谷貴晴をフォローする
Next Lead Music Media Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました