AURATONE【5C SUPER SOUND CUBE】を解説!

スピーカー

AuraTone 5C Super Sound Cubeとは?

個人のクリエイター宅、小規模スタジオやマスタリングスタジオ等にも採用されている、パッシブスピーカーの「AuraToneの5C SUPER SOUND CUBE」

以前はスタジオにあるラージスピーカーのみに頼って作業していましたが、つい先日、過去のスタジオワークの記録を見ていた所、「最後はAuraToneの5Cとかで確認してる!」という記事を目にし、購入に至りました。

今回は、決してレコード世代ではないけど、作曲からミックス等の業務を請け負っている目線から見た、AuraToneの5C SUPER SOUND CUBEについてお話したいと思います。

以前作成しました、オススメのモニタースピーカー5選の記事も合わせてご覧頂けると嬉しいです。

モニタースピーカーの選び方&おすすめの5機種をDTM講師が解説!【最新版】
DTMや作曲で必要なモニタースピーカーを解説!ケーブルや接続端子、選び方から、初心者・賃貸でも使える小型のラインナップをDTM講師が厳選しました。

長く愛用されている名機

現行のラインナップは黒と赤茶の2色で、手のひらサイズのスピーカーにしては迫力のあるサウンドになります。

様々な住宅事情を抱えている日本のミュージシャンやクリエイターにとっては、嬉しい1本になるかもしれません。

AURATONE ( オーラトーン ) / 5C Super Sound Cube Pair

AURATONE ( オーラトーン ) / 5C Super Sound Cube Pair

サウンドエンジニアを長く経験されて来た方にとっては「定番」と考えられるラインナップですが、現在流行っている音楽に適しているのか?と考えた時に、完全に肯ける方は少ないように感じます。

そんな私は新品で買うのを躊躇い、歴史があるが故に、沢山世の中に出回っているであろうと考え中古を購入しました。

Yahooオークションで購入したAURATONE 5c SUPER SOUND CUBE

かなり年季の入った物で、倉庫に眠っていたのか、押入れ臭かったです(笑)

現行品もカッコイイですが、オーディオユーザーに好まれそうなアンティークな見た目もGoodです!

背面

サウンドについて

肝心のサウンドですが、私が最初の印象は

「何にも聞こえね〜〜〜〜」になります。

決してふざけている訳ではありませんが、パワードに比べて聞こえてくる音の情報量はもちろん少なく、オーディオ世代の方には好まれそうなややハイ上がりな印象があります。ハイ上がりというか、ミッド〜ローが聞こえてこない点が、そのように感じさせるのかもしれません。

不満を漏らしましたが、私が5C SUPER SOUND CUBEを使用して確認してるポイントをピックアップしたいと思います。

  1. キック(ドラム)のアタック感
  2. ボーカルの距離感
  3. ミックス時の全体確認

上記3点になります。

キック(ドラム)のアタック感について

まだ音楽制作にトライされてない方や、初心者の方にはピンと来ないかもしれません。

ソフトシンセや実際にレコーディングした際も、バスドラムの太鼓の中に入れるマイクと外に立てるマイクの音色を混ぜて使用する事があります。

今回は太鼓の中に入れるマイクの音色として重要な「アタック音」をAuraToneの5C SUPER SOUND CUBEで確認します。

アタック音の中に含まれる、高音域が確認しやすいなと感じました。

私の癖でもあるのですが、アタック音を強調しすぎているなと感じる事があるので、客観的に確認できて大変重宝しております。

後述の全体の確認する際にも、貼り付いたサウンドやアタック音を改めて確認する場面は多いです。

ボーカルの距離感

以前ご紹介した、昔から愛用しているヘッドフォンRolandのRH-A30でミックスをしていると、ボーカルの距離感が分からなくなってしまう事があるので、こういった点も5C SUPER SOUND CUBEで確認していました。

オープン型ヘッドホン【Roland RH-A30】徹底解説!
オープン型ヘッドホン【Roland RH-A30】徹底解説!
Rolandのオープン型ヘッドホン「RH-A30」の全貌を、「リスナー」と「クリエイター」という2つの視点から解説します。 音楽を聴くのはもちろん、作るときでも重宝するとても幅広い1台です。

ミックス時の全体確認

これは感覚としては、ラジカセで全体チェックをする感覚に似ているかもしれません。

自宅のパワードのモニタースピーカーに比べ、良くも悪くも地味なので、客観的に楽曲に向き合う良い環境を構築してくれます。

まとめ

AURATONE A2-30

いかがでしたでしょうか?

小型のパッシブスピーカーを検討されている方の参考になれば幸いです。

最後にお伝えしますが、私は5C SUPER SOUND CUBEに使用したアンプは、AURATONEが5C SUPER SOUND CUBEの為に製造したA2-30を使用しました。

AURATONE ( オーラトーン ) / A2-30

AURATONE ( オーラトーン ) / A2-30

パッシブスピーカーはアンプとの相性がありますが、こちらは公式でオススメしてるラインナップですし、特にこだわりがなければ本製品で問題ないと思います。

余談でトラブルという訳ではないですが、以前私が購入したA2-30のアウトプットのLRが、逆で送られてきました(汗)

販売店に確認取ったら本国から別の新品をお送りくださったので、既に解決済みです!フォローアップもバッチリでした!

数は出回っている商品で歴史もありますが、より良い個体に出会えると強力な見方になってくれるのではないでしょうか?

それでは、良いDTMライフをお過ごしください!

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

スピーカー
スポンサーリンク
森谷貴晴をフォローする
Next Lead Music Media

コメント

タイトルとURLをコピーしました