ギター初心者にオススメの実践的なピックとカポタストを音楽スクール経営者が解説!

アクセサリー/機材

本日はギター初心者にオススメのピックとカポタストをご紹介します!

カポタストを使う方はアコースティックギターを弾いている方が多いかと思いますが、今回はエレキギターとアコースティックギターに分けて、それぞれのオススメのラインナップを紹介します。

是非、自身のギターに合わせて検討してみてください!

ギターピック

厚さのあるピックは寿命が長い

ピックはベース向けに製造されている物もあって、様々な種類が存在します。

私は初心者にも「ティアドロップ」と呼ばれるタイプのピックをオススメします。

またはティアドロップに近い、二等辺三角形に近いピックでも良いかと思います。

親指のようなサイズ感で、比較的指に近いので、余計な弦を弾かないようする為にもオススメです。

ベースには、大きいサイズの「おにぎり型」と呼ばれる大きいタイプのピックが弾きやすいかもしれません。

エレキギター用

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / JAZZ II/RED

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / JAZZ II/RED

ジムダンロップ社のJazzⅢ 

私自身、エレキギターを弾く際はこのJazzⅢを使っています。

ライブをやっていた時期は、バッキングとソロの両方を対応しやすい、もっと柔らかいの使用しておりました。

ですが、DTM(楽曲制作)を始めてからは、このピックを使用しています。

1音1音大切に、単音をハッキリさせたい場合や、ソロの音を際立てたい方には特にオススメです。

ピッキングの粗や、弾けきれてないフレーズが如実に分かり、ある意味プロユースな一面を兼ね備えたピックです。

ジャンル問わず、客観的に音を表現してくれるピックだと私は信頼しております。

楽曲制作が多いミュージシャンや、宅録に挑戦しようとしてる方には特にイチオシです!

硬いピックは手首が柔らかくないと、弦を引っかいてしまうので、初心者のピッキング練習にもモッテコイのピックになります。

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TORTEX STANDARD/0.73

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TORTEX STANDARD/0.73

連続してジムダンロップのピックになります。

先述のJazzⅢよりかなり薄く、0.73mmです。

私自身、ライブ等ではこの0.73を使う事が多いです。

スタンダードと表現されているだけあって、標準な印象があります。

2つ目の紹介になりましたが、このくらいの厚さから始めて、自身に合いそうなピックを探っていくのも良い手順です。

アコースティックギター用

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TORTEX STANDARD/0.50

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TORTEX STANDARD/0.50

アコースティックギターにおけるピックは極力薄くするのをオススメします。

ギターや楽曲にもよりますが、アンサンブルの中におけるアコースティックギターの役割は、パリっとしたサウンドが主張されるケースが多いです。

したがって、強く弾ききるようなピックより、ライトなピッキングがしやすい物が理想です。

基本的に薄く柔らかいピックのタッチは、優しい音色になる傾向があります。

お持ちのギターにマッチするか確認が必要ですが、試してみる価値はありそうです。

FENDER ( フェンダー ) / 351 Shape Premium Celluloid Red Moto Thin

FENDER ( フェンダー ) / 351 Shape Premium Celluloid Red Moto Thin

老舗ギターメーカーのFender社スタンダードピックで、1番薄いTHINタイプになります。

同じ形状でMEDIAMとHEVYがあるので、購入の際は注意が必要です。

スタンダードなだけあって、基本的に万能なピックです。

初心者から上級者まで愛用されているのが実感できます。

カポタスト

使用感があるが、使い込んでも壊れる事が少ない

カポタストはギターを選びません。

ですが、クラシックギターに関しては、専門のカポタストが販売されています。

もしクラシックギターのカポタストをお探しであれば、注意が必要です。

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TRIGGER CAPO ACOUSTIC FLAT BLACK

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TRIGGER CAPO ACOUSTIC FLAT BLACK

指板を押さえる面が長くて、すぐセッティングできるのが魅力です。

実際に私も使用していますが、急なカポタストのフレットチェンジにも対応できるので、非常に便利です。

私が所有しているクラシックギターにも使えるので、1本で幅広く活躍してくれます。

SHUBB ( シャブ ) / L2

SHUBB ( シャブ ) / L2

装着時にセッティングが必要ですが、ネックの太さによって調整が可能なカポタストです。

エレキギターにもアコースティックギターにも使えます。

がっちり固定できますが、締めすぎると弦を強く押さえて音程感が変わってしまうので、注意が必要です。

KYSER ( カイザー ) / KG6 Tie-dye

KYSER ( カイザー ) / KG6 Tie-dye

若者に人気のカイザーのカポタスト。

様々なカラーリングのラインナップが存在するので、自身のギターやアクセサリーに合うカポタストをチョイスできます。

少しスリムでスマートなカポタストなので、ギターの見栄えが落ちる事もありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たくさん種類があって悩むところですが、ピックは手に馴染むか?カポタストはしっかり役目を果たしているのか?

まずは上記をしっかり確認してからラインナップを変えて、少しずつ微調整していきましょう。

機能だけでは無く、ルックスやデザインも購入の決め手になる方も多いと思います。

不純に感じるかもしれませんが、純粋なきっかけだと思うので、その気持ちは大切にしてください。

それでは、よりよい音楽生活をお過ごしください。

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

アクセサリー/機材
スポンサーリンク
森谷貴晴をフォローする
Next Lead Music Media Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました