【Garage Band】5分でわかる!MacBookだけでマイク録音をしよう!〜①立ち上げと機能編〜

DTM

初期投資が必要のない無料ソフト「GarageBand

Apple Mac標準搭載の人気無料DAWソフト「GarageBand」

Macをお持ちの方はすぐ使えるソフトで、初期投資をせずに楽曲制作にトライできます!

もうソフトウェアにお金をかける時代は終わったのでしょうか?

まずMacBookを立ち上げFinderを選択しましょう。

アプリケーションを選択します。

GarageBandを起動します。

プロジェクト立ち上げ画面が表示されるので画像の①②③の順番に選択します。

どのような音を録音または、作りたいかによってトラックのタイプを決めます。今回はマイク録音なのでマイクのボタン①を押し、②の選択を押します。トラックのタイプは後から追加する事ができます。(後述)

GarageBandの画面が立ち上がりました。画像の番号と照らし合わせて特に重要な部分だけ覚えていきましょう。

①ワークスペース

ここに録音した音声(トラック)が配置されます。左から右に時間が流れていくイメージになります。

②トランスポートコントロール

トラックの音声をここで操作します。

左から(早戻し)(早送り)(停止)(再生)(録音)(サイクル)となります。

③トラック追加ボタン

音声の多重録音を行う際に使用します。

前述したトラックのタイプを変更したい場合や、追加したい場合にもこちらを使用します。

④トラックボリューム

トラックの音声を個別に変えたい場合に使用します。

○をクリックしながら左右に動かす事で変更可能です。左に動かすと小さくなり、右に動かすと大きくなります。

⑤マスターボリューム

ワークスペース上の全てのトラックのボリュームを変更できます。仕様は④と同じです。

⑥パン(バランス)ノブ

パンとはステレオ音声における左右の定位を指します。

トラックの音声を左右のどこから鳴らすかを変更できます。クリックしながら左右に動かします。

⑦メトロノームボタン

後述するテンポを決める際に、クリックする事で音声の再生時にメトロノームを鳴らすことができます。

紫になっている場合はメトロノームが起動している状態です。

⑧テンポディスプレイ

こちらでテンポを決めます。

クリックしながら上下に動かす事で変更できます。またダブルクリックで数字の入力も可能です。

⑨ヘルプマーク

こちらをクリックしますと、マウスポインターを当てた部分の詳細説明が表示されます。

より詳しく知りたい方、再度確認したい場合はこちらをご利用ください。


立ち上げと機能編は以上になります。次回の章は録音準備編となります。

iPhone、iPad版GarageBandをお持ちの方でもこちらの動画にて説明しています。

MacBook版GarageBandをお使いの方でも参考になると思いますので是非ご覧頂ければと思います。

iPadやiPhoneを使って作曲や録音をしよう!GarageBandの使い方【配信シンガーコース】
スマートフォンやタブレット端末を使って楽曲制作をしよう! 本日はAppleのiPadやiPhone付属のGarageBnad(ガレージバンド)を使ってレコーディングをしてみました!ボイスメモやICレコーダーで音声の録音も可能ですが、GarageBandはそれぞれパートを分けて録音と編集が行えるので、音源制作をする...

ではまた、次の章でお会いしましょう!

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

DTM
スポンサーリンク
Saharaをフォローする
Next Lead Music Media Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました