【GarageBand】5分でわかる!MacBookだけでマイク録音をしよう!②〜録音準備編〜

DTM

初期投資が必要のない無料ソフト「GarageBand」

こちらの記事は『5分でわかる!MacBookだけでマイク録音をしよう!』シリーズ第二弾となります。

第一弾をまだご覧になってない方はこちらのリンクからご覧ください。

【Garage Band】5分でわかる!MacBookだけでマイク録音をしよう!〜①立ち上げと機能編〜
MacBookの内蔵マイクのみを使ってGarageBandで録音を始めてみましょう!機材を揃える前に録音のやり方を覚えてみましょう。今回は特に重要な機能面をご紹介!

MacBook単体でも確認しながら録音はできますが、今回は利便上お手持ちのイヤホン、またはヘッドホン(通常の3.5mmジャック)をMacBookへ接続してください。


録音設定をします。録音したいワークスペース左横にあるトラックヘッダの余白をダブルクリックします。

トラックヘッダをダブルクリックすると画像のように画面下に設定画面が表示されます。

画面下にこのような画面が表示されない場合はこちらの画像の番号順にクリックをしてください。

録音設定画面の解説をします。解説部分は画面のこちらになります。

実際に画面を操作してみましょう。以下の画像を踏まえながら一つずつ覚えていきましょう。

①録音レベル

右側の○を左右に動かすことができます。録音時の音声の大きさを予めこちらで調整できます。前回の記事にあります音量調整と同じ要領になります。

その下にあります『自動レベルのコントロール』ですが、左の□を押していただくとチェックマークが入り録音時の音声レベルを自動で調整してくれます。

こちらは実際に録音してみて必要な場合チェックを入れてください。

入力

vのマークを押していただくと、どのマイクで録音を行うかを選択できます。

接続しているオーディオ機器にマイクが付属している場合はこちらを選ぶことができますが、今回はMacBookでの録音ですので『MacBook○○のマイク』をお選びください。

モニタリング

モニタリングとは、入力されている音声をリアルタイムで返してくれる機能の事を指します。


こちらの右のボタンをクリックする事でオレンジ色に点滅し、声などの音声をイヤホンなどでリアルタイムで確認することができます。録音する音声の音量などを確認したい場合に使用します。

ノイズゲートコントロール

こちらの□にチェックを入れますと、微量なノイズ(雑音)などを抑制してくれます。

右の○を動かす事でどの程度抑制するかを調整できますので、
前述したモニタリング機能を使いながらノイズゲートを調整してみてください。

プラグイン

▶︎をクリックすると以下の画面が表示されます。

今回はこちらで簡易的に調整できるエコーとリバーブについて簡単に説明させていただきます。

エコー

反響音の事を指します。こちらの値を大きくしますと、返ってくる音の間隔を遅くする事ができます。やまびこなどのイメージがわかりやすいかと思います。

リバーブ

簡単に申し上げますと、部屋の広さに伴う残響音の事を指します。

狭い個室で出す音と体育館で出す音では残響音に違いがあるように、空間の広さをどのくらいにするかを設定できると考えていただいて結構です。

○を右に動かすほど空間が大きくなるイメージになります。

これらも必要であればチェックを入れ、モニタリング機能を利用しながら調整してみましょう。

簡単にできるオススメの設定はリバーブの値に対して三分の一程エコーを設定します。


録音準備編はここまでとなります。次回の章は録音と編集編となります。

iPhone、iPad版GarageBandをお持ちの方でもこちらの動画にて説明しています。

MacBook版GarageBandをお使いの方でも参考になると思いますので是非ご覧頂ければと思います。

iPadやiPhoneを使って作曲や録音をしよう!GarageBandの使い方【配信シンガーコース】
スマートフォンやタブレット端末を使って楽曲制作をしよう! 本日はAppleのiPadやiPhone付属のGarageBnad(ガレージバンド)を使ってレコーディングをしてみました!ボイスメモやICレコーダーで音声の録音も可能ですが、GarageBandはそれぞれパートを分けて録音と編集が行えるので、音源制作をする...

ではまた、次の章でお会いしましょう!

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

DTM
スポンサーリンク
Saharaをフォローする
Next Lead Music Media Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました