演奏したベースVS打ち込んだベース!作曲家が検証!

編曲

打ち込みか?!?生演奏か!?

本日は「楽曲制作」にフォーカスを当てて、ベース音の比較をしていきたいと思います。

早速ですが、今回のテーマは「演奏したベース」VS「Trilianで打ち込んだベース」です。

もちろん上手な生演奏の方が良いと思いますが、実際に聞き比べをする機会は少ないと思うので、是非最後までご覧ください。

下記が詳細です。各々少しハンデを足したいと思います。

共通事項

まず共通事項としては

  1. 同じフレーズを演出
  2. ジャズベースを選択
  3. プラグインエフェクトで調整あり

上記は音質の良し悪しでは無く、固定条件として設定致しました

実際に弾いたベース

生演奏に関しては

  1. 使用ベースはBacchus BJB-1-RSM
  2. DI、プリアンプは「Universal Audio LA-610」を使用
  3. 演奏者(筆者)は、ベースの演奏の経験は少ない

打ち込んだベース

打ち込んだベースに関しては

  1. 使用ソフトウェア音源はSpectrasonicsのTrilianを使用
  2. 使用プリセットはFenderのジャズベース
  3. 奏法は3種類(サスティーン、グリスアップ、スライド)
  4. データはクオンタイズを適用

上記が今回の詳細です。

長くなりましたが、下記の音源と共に検証してみましょう。

共通事項

打ち込んだデータと、実際に録音したデータの環境を同じにするのは難しいですが、使用したエフェクトは同じです。

使用したエフェクトは主に

  1. Slate digital FG-X(マスタートラックに使用)
  2. Universal Audio UAD-2 「1176LN Legacy」(各ベースに使用)
  3. Universal Audio UAD-2 「Teletronix LA-2A Legacy」(各ベースに使用)

になります。

そもそもベースが異なるのでサウンドに違いはありますが、アタック音と継続音を狙って、軽くコンプレッションしています。

Fender Jazz Bass【Trilian】

まずは音源を聴いてみましょう。

いかがでしょうか?

良くも悪くも無難に打ち込みました。普段からこのように打ち込んでいます。

もちろんベースプリセットやエフェクト、その他楽曲に応じて変更します。

人間が弾いたとは言えないですが、生っぽいポイントを押さえていると考えています。

私は仕事でもTrilianを使って打ち込みますが、作品として世の中に出す際は、ベーシストに弾いてもらいます。

なのでベースの打ち込みを頑張るより、他に時間を費やす事の方が多いです。

今回はTrilianを使用しましたが、ベースのソフトウェア音源は沢山あるので、自身に合う物を探してみましょう。

ソフトウェア音源を使用する理由は

  1. 直しに時間がかからない
  2. 音色の変更が容易

作曲や編曲をしている状態だと、他の楽器との兼ね合いやシチュエーションによって変更があります。

そのため、ソフトウェア音源だと業務に支障が無く取り組めます。

以前、Trilianの打ち込み方法について記事を作成しました。是非参考にしてください。

Trilianを使ったベースの打ち込み方をDTM講師が解説!
Trilianを使ったベースの打ち込み方をDTM講師が解説!ベース...一見地味ですが、このベースという低音楽器が無いと「曲が成り立たない!」または「迫力が出ない!」等といったような事が起こり得る程、重要なパートになります...

Bacchus BJB-1-RSM【実演奏】

では続いて、実際に演奏をした音源がこちらです。

いかがでしょうか?

シビアにリズム揃ってませんが、人間が弾いた「生感」は表現できているのではないでしょうか?

現状ドラムとベースだけですが、他の楽器が入ってきたのを想定すると、やはり実際に演奏をした方がよいと感じます。

サウンドだけでは無く、人間が弾いた自然の「不安定感」が「生感」を生み出すのでしょう。

ですが先述の通り、打ち込みの方が変更が効くので、生ベースに差し替えるのは最後でも良いと考えます。

ちなみに今回は噂のジャズベース、Bacchusの「ローステッドメイプル」を採用したベースを使用しています。

普段ベースは弾かない私でも「安くて良いベース」といった印象を受けました。

生音の雰囲気より、録音した音の方が良くて驚きました。

このBacchus UNIVERSE SIRIES【BJB-1-RSM】についても記事を作成したので、良ければご覧ください。

Bacchus BJB-1-RSMを作曲家が解説【ローステッドメイプル】
人気ベース!Bacchus BJB-1-RSM【UNIVERSE SERIES】本日は、以前話題になった、バッカスの「BJB-1-RSM」をご紹介します。本製品の目玉は「ローステッドメイプル」をネックに採用した点に...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

好みや楽曲、アレンジによっても異なると思いますが、ベストなベースサウンドと巡り合うと共に、音の解釈が深まれば幸いです。

バンドサウンドのアレンジの場合は、デモ音源と完成音源でうまく使い分ければ、時間の節約になると思います!

是非、ご自身の楽曲で活用してもらえると嬉しいです。

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

編曲楽器
スポンサーリンク
森谷貴晴をフォローする
Next Lead Music Media

コメント

タイトルとURLをコピーしました