• HOME
  • DIY
  • 吸音材を壁に貼るよりカーペットや絨毯がオススメ!

吸音材を壁に貼るよりカーペットや絨毯がオススメ!

手間いらずで高機能!

スポンジやグラスウールを購入して、吸音材として壁一面に貼っている人をよく目にします。

今回の記事は響きを抑えたサウンドを狙っている、DTMユーザーに向けた「簡単な吸音方法」についてお話ししていきたいと思います。

以前、私が自作したボーカルブースの記事を作成したので、良ければこちらも参考にしてください。

https://nextlead-music-media.com/1369

さっそくですが、吸音材も枚数が増えればコストが膨らみますし、テープをたくさん貼ったりするのも大変です。

吸音ボードやパネルは高額で躊躇される人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、壁に薄いカーペットや絨毯をぶら下げる方法です。

設置位置は基本的にモニタースピーカーの背面で良いと思います。

私は下記の様に黒色のカーペットを使用していた時期があります。

ご覧の通り背面が真っ黒です。

カーペットや絨毯が足元ではなく、壁にぶら下がっているのは斬新と思う人も多いでしょう。

この方法は筆者だけではなく、ミックスエンジニアのプライベートスタジオでも同じような事している人は多いです。

目的を達成できるのあれば、吸音材である必要はないのです。

それにカーペットや絨毯の柄によっては、オシャレかもしれません。

設置方法

設置方法は、ベランダで物干し竿を設置する「突っ張り棒」に物干し竿を設置して、カーペットや絨毯をぶら下げるだけ。

モニタースピーカーの部分的な背面だけではなく、全体をフォローできるのが良い点だと感じます。

約2年程使用してきましたが、カーペットが落ちてくることもなく、パフォーマンスを発揮してくれました。

若者の思いつき感が拭えませんが、いいアイディアだったなと改めて感じます。

アイリスオーヤマ 洗濯物干し ベランダ 物干し 突っ張り ステンレス 高さ210~275cm

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KV2DCZM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o09_s03?ie=UTF8&psc=1

どこまで音を吸音すれば良いのか?

私がJ-Popやアニメの作編曲家として行くスタジオは、基本的に響きの少ない「デット」なサウンドの部屋が多いです。

劇伴(BGM)などの編成の大きい現場だと、響きや鳴りがあるスタジオがチョイスされると思います。

では自宅スタジオではどれが正解でしょう?

「部屋鳴り」と呼ばれる反響音を極力減らした方が、何かと都合の良いことが多い印象です。

個人的な感覚なのですが、作曲をしている段階では、少々響きがある部屋の方が好きです。

音が鳴ってくれた方がテンションが上がります。

しかし、ミックス等の調整を行う際は、少しデットなサウンドの方が作業しやすいです。

ボーカルレコーディングでも、可能な限り部屋の響きを無くしたいです。

多少の好みの違いはあるかもしれませんが、結果的に曲にも影響を与えます。

使用した感想

私は音出しが可能なマンションに住んでいたことがあるのですが、「部屋鳴り」がずっと気になっていました。

天井も中途半端に高くて苦戦しました。

ミックスの良し悪しも分からなくなってきて、困った記憶があります。

そんな中、カーペットの使用を採用したのですが、期待以上のパフォーマンスを発揮してくれました。

少し吸いすぎな感じもしましたが、ミックスをする上では客観的にデータを聞けたので、見た目以上の効果を発揮していたのを感じました。

ちなみにカーペットを使用する前は、下記の画像のような状況でした。

この白い壁が、真っ黒に変わるのです。

黒は視界が暗くなるので、明るい部屋が良い方は色のチョイスに注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カーペットや絨毯が壁にぶら下がっているのは、少し考えにくいかもしれません。

設置も簡単で役目を果たしてくれるのでおすすめです。

コストパフォーマンスも良いと感じます。

「反響音」や「部屋鳴り」というのが分からない人もいらっしゃるかと思いますが、1度試して変化を感じるのが最短の近道です。

同時に曲作りやミックスにも挑戦して、作業しやすい環境を構築しましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。