DTMで重宝する「吸音材」は高い? ならDIYで自作してみよう!

DTM

自宅DTMスタジオのための吸音材を自作!【DIY

今回の記事は自作吸音材のご紹介です。

さまざまな吸音材や吸音ボードが販売されていますが、どれも高価だと感じる人が多いのではないでしょうか?

そんな人に向けた「自宅DTMスタジオ」での、おすすめの吸音ボードの作り方をご紹介します。

これまでも自作スタジオ用品として、ボーカルブースとカーペットを吸音材の代わりに使用した記事を作成しましたので、そちらも合わせてご覧ください。

自作ブースの作成工程を公開!レコーディングやテレワークにもおすすめ!
自作ブースの作成工程を公開!レコーディングやテレワークにもオススメ!
レコーディングはもちろん、テレワークでも需要が高まっている「防音ブース」は、DIYで自作もできるんです! 賃貸でも安く設置できる自作防音ブースの作り方や感想を、サウンドエンジニアが解説します。
吸音材を壁に貼るよりカーペットや絨毯がおすすめ!
吸音材を壁に貼るよりカーペットや絨毯がオススメ!
可能な限り自作で吸音したい場合はカーペットがオススメ!DTMで曲作りする際の音の響きが調整できます。デットなサウンドはレコーディングやミックスで役立ちます。

シンプルな自作吸音材でも「必要最低限の吸音」が可能!

今回作成した吸音ボードは上記のようなシンプルなものです。

本来ならモニタースピーカーより背の高いサイズがおすすめですが、私は低めに作成しました。

理由としては

  1. モニタースピーカーの背面が窓で、部屋が暗くなるのを避けた
  2. 足元から音の反響があったので、調整したかった

上記の2点です。

高音は天井の角に多く集まるので、あとは部分的に吸音材を貼れば満足できると考えています。

私は部屋の響きを多く抑えるために、カーペットや吸音材を使用しながら調整していた時期がありました。

今は少し響きがある方が良いと感じることが多くなりました。

住まいの環境に合わせたブームといったところでしょうか?

部屋の明るさや視界に入る雰囲気は、クリエイティブに直結すると考えているので、

音だけではなく自然な視野も大切にしています。

自作吸音材の材料と作り方

さっそく簡単ではありますが、作成過程をご紹介します

吸音材に必要な材料は、

  1. 木材
  2. 薄手の折りたたみマットレス
  3. その他、ボンドや釘等

シンプルですが、これだけです。

吸音は音が反射しない家具や寝具等でも可能なので、似た質感のものを用意できれば問題ありません。

反射音の少ないデッドサウンドな環境を求めているのであれば、壁一面に吸音材を貼る必要があります。

①木材で型取り

木材は薄い折りたたみマットレスが3枚くらい入る横幅のものをチョイスしました。

各木材をボンドと釘を使用し、長方形に型取りしました。

②折りたたみマットレスの装着

折りたたみマットレスを装着すると、上記のようになります。

隙間に新聞紙やクッション材などを入れても良いかもしれません。

これだけで出来上がりです。

使用した感想

私は反響音の少ない環境や、反響音を考えられた部屋でミックスするのが好きです。

無駄な部屋鳴りの多い部屋だと、アタック感や残響音の判断に支障が出ます。

今回使用してみた感想は

部屋の響きは完全に消えませんが、モニタースピーカーと耳間に対して、必要最低限の吸音に成功したと感じています。

何度も記載しますが、あとは微調整の繰り返しです。

特に高音の反響を調整できれば良いなと感じます。

購入費用

今回かかった費用は下記です。

個数単価合計金額
木材8本¥200-¥1,600-
折りたたみマットレス
¥3,000-¥3,000-
その他、備品¥100-約¥500-
合計約¥5,100-

折りたたみマットレスは、以前所有していたのを使用していました。

無理やりマットレスにする必要はありませんが、スポンジ素材のようなものが扱いやすくおすすめです。

グラスウールやMGボードなどを使用すれば、かなりの吸音効果が期待できます!

グラスウールボード 吸音・遮音補強・断熱材 密度32K(GW32) [厚25×605×910mm] 
(1ケース/20枚入)旭ファイバーグラス製 
https://a.r10.to/hyKyEr
吸音ボード MGボード 25mm 1箱/16枚入[25×605×910mm] 厚手GC貼り(厚手ガラスクロス貼り)高密度 ロックウール!DIYの防音に最適!
https://a.r10.to/hDkSgr

貧乏くさいですが、私のようにDIYがお好きな人は好みのサイズで作成できますし、自宅スタジオの環境に合わせて微調整が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お部屋や自宅スタジオをデットサウンドにしたい人は、壁一面に吸音材を貼るのがおすすめです。

私のように微調整したい人や、DIYが得意な人は是非挑戦してみてください!

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

DTM
スポンサーリンク
森谷貴晴をフォローする
Next Lead Music Media

コメント

タイトルとURLをコピーしました