ライブマニピュレーターって?【音楽の仕事】

ライブを牛耳る「マニピュレーター」

本日はライブマニピュレーターについて解説していこうと思います。

ライブマニピュレーターってなんだろう?とお考えの方は多いかと思います。

今回は現役のライブマニピュレーターで、ギタリストやNext Lead Music Schoolを担当されている中川先生をお招きしてお話しお伺いしました。是非動画と合わせてご覧ください。

ライブマニピュレーターって何?

ライブマニピュレーターって何をやっているの?

SNSでライブ業界のスタッフや技術職として候補にあがる「ライブマニピュレーター」

体感上ではありますが、この数年で注目度が上がった印象があります。

ライブ産業の盛り上がりと同時に、コンパクトで扱いやすい機材が増えたのも要因の1つだと考えます。

さっそくですが、ライブマニピュレーターの業務内容は

  1. ステージパフォーマー、演奏者以外の音声を再生(カラオケ音源等も含む)
  2. リハーサル(本番)に向けた音源の調整や準備
  3. オンステージのマニピュレーターの場合、楽器演奏

大枠上記のような業務を担当します。

アイドルやシンガーのライブの場合、ミュージシャンを配置しない場合も多いので、マニピュレーターはライブの流れを全てコントロールしていると言っていいでしょう。

職業サウンドエンジニア

レコーディングエンジニアやミックスエンジニア等の音楽制作を行う「サウンドエンジニア」という職種があります。

今回ご紹介したマニピュレーターも「サウンドエンジニア」にカテゴライズして良いでしょう。

作曲やライブ演奏はしないけど、ライブ制作の仕事に興味がある方は是非検討してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

音楽関係の仕事は沢山ありますが、意外と知らない職種も多いのではないでしょうか?

作曲家やプロダクションマネージャー、楽器販売店の募集をまとめた記事も作成しましたので、良ければ合わせてご覧ください。

作曲・クリエイターの仕事【求人情報】

https://nextlead-music-media.com/3801

音楽スタッフ・楽器関係の仕事【求人情報/企業就職】

https://nextlead-music-media.com/3786

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。