「楽曲募集」採用曲発表のお知らせ【作曲コンペ】

サウンドインタビュー

「楽曲募集」採用曲発表のお知らせ【作曲コンペ】

2021年6月20日付で【DTMコース】、【ミックスコース】、【音楽理論コース】のレッスンを受講頂いてる生徒様を対象とした、楽曲コンペ(楽曲募集)を行いました。

本記事は生徒の皆様へのご報告を兼ねて、作成しております。

さっそくですが、今回採択されたのは「蔭山裕哉さん」です!おめでとうございます!

採択にあたり、楽曲の詳細や作曲時に考えていた事等ついて、インタビューのお時間を頂きました。

制作頂いた楽曲も公開致しますので、応募された方はご自身の曲とも照らし合わせて聴いてみて下さい。

前回のコンペ採用楽曲についての記事も合わせてご覧ください。

「楽曲募集」採用者発表のお知らせ【作曲コンペ】
2020年10月31日付で【DTMコース】、【ミックスコース】、【音楽理論コース】のレッスンを受講頂いてる生徒様を対象とした、楽曲コンペ(楽曲募集)を行いました。本記事は生徒の皆様へのご報告を兼ねて、作成しております。...

ニュートラルなBGM

今回のテーマは「メジャーでもマイナーでも無いような、ニュートラルなBGM」でした。

基本的にはループの曲でお願いしましたが、「ニュートラル」と「BGM」というのが、大きなポイントです。

生徒の皆様にお送りした詳細は、少し曖昧な伝え方と言いますか、ざっくりした情報のみをお送りする事を意識しました。

「ニュートラルって何?」という疑問をお持ちの方は多かったと思いますが、各々試行錯誤をしていた様子が曲に表れていました。

少ない情報で作りあげる

さっそくですが、蔭山さんにインタビューしていきたいと思います。

森谷:改めまして、おめでとうございます。短い間ですが、インタビューにご協力ください。

蔭山裕哉さん(以下、蔭山):ありがとうございます。宜しくお願いします。

森谷:今回採用された楽曲ですが、何か意識した事はありますか?

蔭山:コンペ情報を見たところ、ニュートラルな曲との事で悩みました。主に意識した点は、通常入れるであろうシンバル等の明るい音の使用は避けました。あとはループで使えるフレーズを意識して作りました。

森谷:提出頂いた曲を確認したところ、楽器を弾いてきた方なのか?と感じる場面が多かったですが、何かご経験はございますか?

蔭山:中学生の頃に好きな女の子がいて、ギターが弾ければモテると勘違いしてからずっと弾いています。(笑)

森谷:あはは(笑)

蔭山:その後、ギターを勉強しに専門学校に通っていました。

森谷:なるほど。ギターの勉強はずっと続けてきたけど、DTMを勉強してアウトプットを増やしたい!とお考えでしょうか?

蔭山:そうです!

森谷:DTM取り掛かってみていかがですか?

蔭山:改めて難しいな感じています。

実際の蔭山さんが作成された、LogicProXのプロジェクトファイルの画面

森谷:話は戻りますが、その他に制作する上で意識した事はありますか?

蔭山:そうですね…BGMなので、言葉やセリフの邪魔をしないように心がけて作りました。

森谷:素晴らしい!企画者の意図を汲み取っていますね。

今回、蔭山さんが制作された楽曲を公開します。

参加された方も、参加しようと悩んでいた方も是非参考にしてください。

採択のポイント

今回の採択も、かなり悩みました。

皆さんすごく考えて作曲されたのが伝わりましたし、クオリティーの高い曲も見受けられました。

採択にあたって、注目したポイントは下記です。

  1. ニュートラルな曲であったか?
  2. BGMとして、言葉やセリフの邪魔をしない曲か?

提出された方や、曲作りにトライしてみた方は当てはまりましたか?

コンペ情報に関しては、あえて細かい要望は記載せずお送りしました。

細かく記載しなかった理由は、少ない情報を読み取り、楽曲制作をする場面に慣れて欲しい!という意図があります。

曲を書く目標や目的は様々ですが、同じテーマで他の人はどういう曲を書いたのか?

客観的に自身の曲と比べる事ができると思うので、これを機に聴き比べてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

悔しい思いをした方もいれば、納得できた方もいたかと思います。

皆さんプライドもあると思うので、提出するのに悩んだ方もいたかもしれません。

次回の作曲コンペは冬に予定しております。

また告知致しますので、お楽しみに!

レッスンコース

ボーカルコース

ボイトレをして音痴矯正 カラオケ上達!

ウクレレコース

楽しくJ-Popやハワイアンの曲を演奏しよう!

DTMコース

作曲編曲!カッコイイトラックやオリジナル曲を作ろう!

音楽理論コース

作曲やフレーズ作りに役立つ音楽理論を学ぼう!

MIXコース

ミックスをマスター!カバー動画制作にもオススメ!

サウンドインタビュー
スポンサーリンク
Next Lead Music Mediaをフォローする
Next Lead Music Media

コメント

タイトルとURLをコピーしました